肌のくすみは自分で治せる?透明肌になる方法

年齢と共に肌がくすんできた・・・シミが目立つわけではないけれど、透明感がなくどんより。

血色も悪くなり老けて見えるようになりますよね。

逆に透明感があり血色の良い肌は若々しく元気なイメージです。

このくすみは何が原因でできてしまうのでしょう?

若いころは決してなかったはずのくすみが、知らず知らずのうちにできてしまい、簡単には治らないのが厄介なところです。

芸能人やモデルさんの肌はとてもきれいで、くすみなど感じられませんが、それはしっかりケアをしお金をかけて予防しているからなのでしょうか?

お金をかけずに毎日のケアで簡単にくすみを改善できれば、それだけで見た目年齢が若くなるはずです。

くすみは、肌のターンオーバーと深く関係があります。

年齢を重ねるとどうしてもターンオーバーが滞りがちになってしまうので、肌の状態を整えるだけで古い角質がきちんと剥がれ落ち、新しい皮膚が生まれるのです。

ターンオーバーを整えるには不足しがちな成分を補うことと、保湿重視のケアが大切です。

とは言っても、過剰なケアによって本来肌が自ら作りだせる成分が生成されなくなる恐れがあります。

肌は大事にし過ぎると逆に甘え肌になってしまい、老化が進む可能性があります。

ですから、本当に必要な成分だけを補い、肌本来の潤いやハリを最大限に引き出すことが大切です。

 

くすみと紫外線との関係

くすみ

年齢と共に誰でもくすみが生じるとお話しましたが、まだ若い人でも紫外線が原因でくすみができてしまいます。

最近は日焼け止めを使う人が多くなりましたが、やはり夏だけ使って冬は保湿重視と考えている人もまだまだいます。

しかし、冬の紫外線も夏同様とても強く肌にしっかり届いているのです。

特に車に乗った時、冬にも関わらず日差しが強く、まぶしいと感じることはないでしょうか?

その時、肌にもかなり強い紫外線が降り注いでいることを忘れてはいけません。

紫外線によってメラニン色素が過剰生成され、肌が黒くなる日焼けを起こすのですが、その時ダメージも受けています。

紫外線のダメージを受けた肌はターンオーバーを狂わせてしまい、くすみの原因になってしまうのです。

ですから、夏だけではなく一年中日焼け止めなどを使うことは、くすみ肌を作らないためにとても大切なことなのです。

先ほども説明した通り、古い角質が定期的に剥がれ落ち、新しい皮膚ができると、当然ダメージは最小限に抑えられますし、できてしまったくすみうやニキビ跡も早く治るのです。

 

くすみケア方法

それでは、くすみ肌はどのようなケアが必要なのでしょうか?

美白化粧品を使っている人も多いと思いますが、何よりも大切なのは保湿です。

肌に刺激の少ないケア用品を使うことが大切です。

また、意外と肌のダメージにつながっているのがクレンジングです。

ほとんどの女性は毎日メイクをしますので、夜はクレンジング剤を使うはずです。

クレンジング選びはしっかりメイクが落ちるかで選んでいませんか?

もちろんそれも大切ですが、最近のクレンジング剤は洗浄力が強く、逆に必要な皮脂までも洗い流している可能性があります。

その後に、また洗顔料で洗ってしまうと、肌への負担は相当なものです。

ですから、クレンジング剤を選ぶ際はW洗顔不要で、肌に負担のかからないものにしましょう。

汚れが落ちているのか心配かもしれませんが、メイクと汚れをしっかり落としながら必要な皮脂は残す、そんな優れたクレンジングがありますので、気になる方はこちらをご覧ください→バームの魅力とは

一度使っただけで肌がしっとり、モチモチになっていることに気づくはずです。

美肌を目指す人は絶対にやってはいけない5つのこと!

美肌を手に入れるために、どのような努力をしているでしょうか?

「あの芸能人は、特に何もしていないのに本当に肌がきれい」

「あの人は、私よりも年齢が上なのに、シミ一つない美肌」

誰かと比べて自分の肌が劣って見えることって、本当に多いですよね。

特に自分の肌は今のメイクをいている状態ではなく、すっぴんを評価してしまうので、誰かと比べたら劣っているのは仕方がありません。

みんなメイクをしているから肌がきれいに映るだけで、実際はそうでもないかもしれません。

とは言っても、肌はきれいな方が良いのは当然ですよね。

しかし、私たちが美肌のために行っているケアや習慣が実は、汚肌を作っている可能性があるってご存知でしょうか?

それを信じて繰り返していると、美肌どころかシミやしわ、たるみが進行してしまうかもしれないのです!

それでは、美肌を手に入れるためにやってはいけないこととはどのようなことでしょう?

1、肌に負担がかかる日焼け止め

最近は夏以外でも紫外線を防ぐために日焼け止めを使うのが当たり前になっています。

しかし、ただ紫外線を防ぐことだけに着目してしまうと、肌への負担は見落とされることになってしまいます。

ですから、紫外線量の少ないときは、なるべく肌に負担がかからないマイルドなもの使うか、下地やファンデーションに含まれる日焼け止め成分で十分なのです。

2、しっかりクレンジングする

それほどメイクをしていなくても、強力なクレンジング剤で毎日洗うのはNGです。

実は、メイクを肌に残さないために使っているクレンジング剤がかなり肌に負担がかかっており、できるだけ使わない方が良いのです。

3、洗顔

洗顔も肌の必要な皮脂を洗い流してしまいます。

もちろん、洗わないわけにはいかないので、一日一回適度に洗うようにすると、肌の乾燥を防ぐことができるのです。

美肌で有名な芸能人は、できるだけお湯で洗顔をし、石鹸や洗顔フォームは使わないそうです。

4、必要のない美容成分の過剰使用

肌は自分できれいになる力を持っています。

しかし、十分に足りている、もしくは必要のない成分をどんどん与えてしまうと、肌は元気になるどころか衰弱してしまうのです。

ですから、肌を厳しく育てることが美肌を作るために必要だと言えるのです。

5、毛穴の汚れ取り

毛穴の黒ずみはとても気になりますよね?

ファンデーションがうまく塗れなかったり、詰まってしまうので何とか取り除きたいと思うはずです。

しかし、毛穴パックのようなもので無理やり取ってしまうと、毛穴がぽっかり開いた状態になってしまい、余計に目立ちますし、結局すぐに詰まってしまうのです。

毛穴の汚れは取り除いた後に引き締める必要があり、専用の化粧品を使うことをおすすめします。

いかがでしょう?

肌のために良いと思ってやっていたことが、実は汚肌の原因になっていたのかもしれません。

 

疑うことも大切!

ブログ

皆さんはどのようにスキンケア情報を手に入れているのでしょうか?

芸能人のブログやテレビで紹介された方法、友人や家族の情報かもしれません。

しかし、それらすべてが自分に合っているとは限らないのです。

ですから、その人が美肌の持ち主だったとしても、自分がそうなれるわけではないので、まずは本当に自分に必要なスキンケアなのかを考えてみましょう。

年齢と共にスキンケアやメイクは引き算が大切だと言われています。

だた、やみくもに何でも取り入れるのではなく、本当に必要なものを見極める力が必要なのかもしれません。